ごみスケ×LINEでもっと便利に

多くのご要望にお応えし、ごみスケにLINE連携オプションが登場。

ごみスケLINE連携オプション

ごみ分別をもっと手軽に、身近にする

日本国内で約8,400万人が使用しているコミュニケーションツール「LINE」。
ごみ分別アプリの強みはそのままに、LINEとの連携によってごみの分別をもっと手軽に、身近にします。
※2021年度より先ずは「分別辞典」に限定しリリースします

  • 自治体のLINE活用LINE社がスマートシティの推進、バックアップをしていることもあり、LINE活用は急速に拡大しています。自治体はLINE公式アカウントを運用し、そのなかでニーズの高いのがごみに関する機能となっています。

  • アプリとLINEを同時に運用する理由LINEはコミュニケーションツールとしてユーザーに支持されている一方で、目的別にアプリを使い分けるユーザーも多数います。また、追加できる機能は限られるため、それぞれの強みを活かした運用をする必要があります。

LINE連携の特徴1

アプリユーザー+LINEユーザーに幅広く周知

LINEは日本人口の約67%に該当する8,400万人に利用されています(2020年3月末時点)。現在は分別意識の高いユーザーを中心にごみ分別アプリをご利用いただいておりますが、LINE連携によってこれまでアプローチしきれなかったユーザー層に分別方法を周知できるため、不適正排出をさらに減少させることができます。


引用:Web担当者Forum/日本人口の約67%! LINEのユーザー数8,400万人がどれだけすごいか、身近なモノと比べてみた

LINE連携の特徴2

ごみスケとデータが共有されるので更新手間ナシ

ごみ分別アプリとデータが自動同期されるため、追加の更新手間が発生することはありません。
最初にLINE側の設定をしてしまえば、後はごみ分別アプリ用の管理画面から更新するだけでLINE内のデータも最新状態に保たれます。

LINE連携の特徴3

導入10万円、連携オプション月額利用料1万で追加可能

現在の月額利用料に追加で導入費(LINE公式アカウントとの連携設定)10万円、連携オプション月額利用料を1万円追加するだけでLINE公式アカウント内でごみ分別辞典機能を提供することができます。

※LINE公式アカウントを既に開設している場合の料金です。開設から行う場合は、別途費用が発生します。
※LINE有料プランをご利用の場合はLOA利用料および追加メッセージ配信料がかかります。
※価格は全て税別です。

LINEのことが分からなくてもご安心ください。
貴自治体のLINE担当者と直接やり取りを行い、導入を進めます。

アプリ担当者は契約関連、周知以外の業務は発生しません。
貴自治体のLINE担当者をご紹介いただければ、弊社にて調整・設定作業を行います。

STEP1: お問い合わせ・ご案内

 

STEP2: 本ご案内後

 

STEP3: 契約の締結

 

STEP4: 自治体LINE担当者を交えて初回打ち合わせ

 

STEP5: 弊社にてLINE用ごみ分別辞典環境の準備

 

STEP6: LINE管理画面よりリッチメニュー設定

 

STEP7: LINEごみ分別辞典の提供開始

まずはお気軽にお問合せください。

ご不明点、具体的な流れ、ご心配な点もすべて解消いたします。

  • 東日本エリア

    03-3663-8745(代)

  • 西日本エリア

    06-6210-6666(代)

メールでのお問い合わせはこちら